タイミング療法【不妊治療】

【不妊参考書レビュー評価No,1】
赤ちゃんができる!ファータイル・ストレッチ

タイミング療法【不妊治療】

タイミング療法とは?

タイミング療法とは排卵の時期を予測して医師の指導により性交を行う治療法です。

 

基礎体温表をつけ、排卵日を予測する方法が一般的ですが超音波で卵胞の状態を見ながら予測するほうがより確実に排卵がわかります。

 

月経が始まり10日ほど経過したら通院は開始し、卵胞の状態のチェックを始めます。卵胞が成長過程や排卵したかどうかまで鮮明にわかるので排卵日に夫婦生活をするように医師から指導があります。

 

タイミング療法排卵日のみの指導もありますが数日間連続して行うように指導されることもあります。

 

タイミング療法で最も効果的なのは

排卵日に合わせて、前後中一日で性交を行うことです。

 

タイミング療法は病院で行う不妊治療の中ではもっとも自然に近い治療法です。

タイミング療法+排卵誘発剤

 

タイミング療法では、医師の指導でも自然妊娠に結びつかない場合に受精する効率を上げるため排卵誘発剤を使用することがあります。

 

排卵誘発剤(クロミッド・セキソビット)

排卵に関係するホルモンの分泌が悪い場合の排卵障害時に使用されます。

 

軽症の排卵障害に使われるのがクロミッドやセキソビットです。一般的には誘発効果の強いクロミッドから服用します。クロミッドには強い副作用があるので、服用には注意が必要です。

 

クロミッドを服用しても妊娠に至らない場合に幽白効果が弱いセキソビットに変更するケースもあります。

 

セキソビットの方が誘発効果は低いのですがクロミッドで効きすぎている人や薬には相性があるのでクロミッドで効果が出ない人はセキソビットに変更する場合があります。

 

クロミッド・セキソビトともに飲み続けると子宮に悪影響を与え妊娠しにくくなります。6ヶ月以上の服用には注意が必要です。

 

排卵誘発剤(hMG注射)

排卵障害が中度以上の場合、排卵誘発剤を注射します。

 

中度の排卵障害はホルモンの動きが良くないことが多くホルモンの促進&潤滑油としてhMG注射をします。hMG注射は月経後5日から連続して数日間射ち続けます。hMG注射により卵胞の成長を促す効果があります。

 

病院によってはhMG注射で卵胞を成熟させ、hCG注射で排卵までさせる場合もあります。hCG注射は人工授精の時によく使われる注射です。

 

排卵誘発剤 副作用

排卵誘発剤には副作用があり、体に大きな影響をおよぼします。

 

一番多いのは多胎妊娠です。

 

自然に排卵が起きる場合は、通常卵子は1個です。しかし、排卵誘発剤の影響から、複数の卵子が成長してそのまま排卵する可能性があります。排卵した数が多ければ受精率は上がりますがその分多胎妊娠になるおそれもあります。

 

多胎妊娠の場合、妊娠中毒症になる確率が上がります。3つ以上の多胎になると出産後の経済面も考える必要がありそうです。

 

クロミッドなどでは、排卵の副作用で出血や腹痛を催す人もおり重度の人は性行為すらできない場合もあります。その他にも、肥満・無排卵・卵巣の病気・注射痕の痛みなどがあります。

 

病院では教えてくれない不妊治療のリスク


病院では決して教えてくれませんが、
不妊治療にリスクがあることは御存知ですか?

薬の副作用などではなく、
不妊治療で産まれてくる新生児は
自然妊娠で産まれてくる新生児より、
障害児が産まれるリスクが高いのです。


「不妊治療にリスクがあるなんて・・・」

と、初めて耳にした人も多いと思いますが、
「オーストラリアの研究チーム」と
「日本医大らの研究チーム」よって
不妊治療で産まれてきた新生児は
自然妊娠で産まれてきた新生児より
障害児リスクが高いことが、
長年の調査によって判明しました。

AFPBBニュースで取り上げられた、
「オーストラリアの研究チーム」が発表では
1986年〜2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で 不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が
確認されています。
なんと約12人に1人の確率で、
障害を持った赤ちゃんが
産まれてきているのです。

さらに、朝日新聞で紹介された、
日本医大や東京女子医大らの発表では
日本産婦人科学会に登録された
24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、
約2400人が人工授精、
約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した
新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ
1.2倍〜2.7倍高いと発表されています。

これについて、日本医大教授の中井医師は
「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」
と、話しています。

病院で不妊治療を受ける人は、
不妊治療のリスクを考えた上で
治療を受ける必要があります。

産まれてきた赤ちゃんのことを考え、
いますぐ健康管理を始めてください。

不妊症は現代病と言われており、
晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる
子宮の老化が原因とされています。

原因不明の不妊症で悩まれている人は
子宮を改善することが一番です。

おすすめは、妊娠実績5,000人以上の
マスコミでも紹介されている
アキュモード式妊娠術です

  アキュモード式妊娠術 公式サイト

詳しい内容はこちら

妊娠したいなら、最初に考えるべきことは、不妊治療の病院を選ぶことではありません!まずは、生活環境を改善し、妊娠しやすい健康な子宮環境を作ることです。

不妊症の一番の原因は食生活だと言われています。1999年には不妊治療を受けている人は28万4800人でしたが、2002年には46万6900人とわずか3年間で18万2100人も増えました。(厚生労働省発表)この年以降は、厚生労働省から、正式な数字は出ていませんが、年々増加していることは火を見るより明らかです。

不妊症は現代病です。生活習慣の変化によってもたらされた、病気なのです。生活環境を改善し、食生活を正せば、子宮環境が良くなり、自然妊娠の確率は大幅にアップします。

アキュモード式妊娠術の詳しい内容


【不妊参考書レビュー評価No,1】
赤ちゃんができる!ファータイル・ストレッチ

メルマガ登録
最新の不妊治療情報をメルマガで配信中!
登録はこちらから ⇒