東京ハートクリニック 口コミ・評判

東京ハートクリニックの口コミ・評判

東京ハートクリニックの口コミ・評判

刺激方法系の不妊治療専門院の中ではトップクラスの
東京ハートクリニックの口コミ・評判です。
良い評判だけではなく、悪い評判も紹介しますので参考にしてください。

 

担当の先生を毎回指名することができ、看護師さん受付の方など感が良いと評判です。
妊娠実績も凄く、東京ハートクリニックで治療した7割の人が妊娠されています。

 

ただ、刺激が強く身体的な負担が大きいので年3回までの治療となり
成功報酬制がなく、治療費もかなり高額になります。

 

東京ハートクリニック 良い口コミ・評判

 

東京ハートクリニックは高齢者が多いと私の担当医師が言ってました。
薬の効果と値段で治療法が選択できるのでお勧めです。
不妊治療の一定水準以上の治療をクリニックに加入が許されている団体の
JISARTに加盟しています。


 

東京ハートクリニックは他の有名クリニックに比べて待ち時間は圧倒的に短いです。
治療費が高いので、患者の数が少ないのかもしれません。
時間のない私には良かったですが、治療費は本当に高いので覚悟しておいてください。


 

東京ハートクリニックには先生が3人いて、私は院長先生に見てもらいました。
どちらの先生にするかは希望を聞かれます。
院長先生は、わかりやすく納得のいく説明をいつもしてくれます。。

 

治療費は他に比べて、少し高めですがハートの技術は世界レベルだと思います。
先生をはじめ、看護師さん、受付の方みなさんとても親切です。
IVFで妊娠できましたし、東京ハートクリニックに大満足でした。


 

私は初診からT先生に見てもらいました。、その後も指名しなかったのずっとT先生でした。
最初の頃は院長や副院長にも見てもらいたいと思っていましたが
問診やエコーも本当に丁寧で信頼のできる先生だったので、最後はT先生を指名していました。
転院前に4回胚盤胞移植をしても結果が出なかったのですが、
東京ハートクリニックに転院して納得のいく治療を受けることができ本当によかったです。


 

私は毎回副院長先生に診てもらっていますが、相談しやすく、とてもいい先生だと思います。
初診では、ある程度時間をかけてわかりやすく説明をしてくれます。
東京ハートクリニックでは感染症の検査が必須のため、
初診日に受けるとその後の診療がスムーズに進むので、夫婦で受けたほうがいいです。


 

東京ハートクリニックに転院して本当によかったです。
ステップアップの為に東京ハートクリニック転院したのですが、もっと早くから通えばよかったと思っています。
私はずっと院長先生に診て頂いていました。
仕事をしながらの通院だったので、都合がつかないときは診察日を多少前後しても対応してくれます。
初診時に院長先生から
「ぜったい赤ちゃんできるからね。何とかするからね」と言われた一言が心強かったです。
看護師さんも受付の方もいい方ばかりで、嫌な思いは一度もしませんでした。
説明も丁寧で分かり易く、納得して治療を受けられました。


 

私は最初に自然周期が得意な病院で体外受精をし(採卵2回、移植5回)失敗。
東京ハートクリニックに転院後1回の採卵、2回目の凍結胚盤胞移植で妊娠できました。
東京ハートクリニックには30代の方の成功率が極めて高いと評判でしたので
刺激に挑戦しようと思いきって転院しました。
私自身はとてもおすすめできる病院です。
費用はとても高いですが、私はここで3回ダメなら諦めるつもりで挑戦しました。


 

最初の病院では採卵できても
毎回受精がうまくいかず時間だけが過ぎました。

 

東京ハートさんに転院してから採卵2回、
移植2回で妊娠、出産に至りました。

 

先生も看護師さんもみんな優しく丁寧に説明してくれます。
待ち時間も短いです。金額は高いですが、成功率が高く信頼できる病院です。


 

私は他の病院で採卵1回、移植2回で妊娠せず…。
他にも色々な病院に行きましたが
最終的に知り合いに教えてもらった東京HARTで採卵1回、
移植1回で妊娠・出産出来ました。
凍結胚があるので今年第二子のお迎えに行きます。

 

東京HARTは『お子様連れはご遠慮下さい』との事なので
ストレスがかからなくて
(第二子のお迎えは一時保育等を利用しなくてはいけないので少し大変ですが…)
スタッフの方も嫌な方はいなくて
私は副院長先生に診てもらっていましたが
とても優しい雰囲気の素敵な先生でした。

 

採卵や移植等は先生は選べませんが
通常時は選べるので自分に合った先生に
診てもらえば良いと思います。

 

ただ皆さんが言うように高いです。
私の場合は1件目も高かったのでそこと同じ位でした。

 

凍結胚の内に妊娠しなければ
もう1度東京HARTで採卵して
それで駄目なら第二子は諦めようと思っています。
東京HARTに出会ったから第一子がいるのであって
本当に東京HARTには感謝です。


 

 

東京ハートクリニック 悪い口コミ・評判

 

 

私が受信している医院の先生がいうには、
「体外受精の為に卵を何個も採るような東京ハートクリニックの方法は古い。
技術や培養士さんに技術があれば1個とか2個ぐらいで大丈夫。
今は報酬制度にしている病院が多いけど、東京ハートクリニックは成功しなくても高い。」
とかなりの酷評でした。
体外受精で15個もの卵をとり、採卵の都度体調を崩しましたし、
体外受精をするたびに卵の質が悪くなりました。


 

東京ハートクリニックはとにかく治療費が高すぎる!
注射代が1日1万を超える日が何回かあったし、誘発の副作用ででむくみがすごかったし激太りした。
1回誘発に失敗すると休みが長く、2回誘発に失敗すると相当な休みを取らないといけない。


 

東京ハートクリニックでは、
他の科の薬を飲んでいたら奇形児が三分の一でできますよ。
と言われた。

 

しかし、虎ノ門病院の薬と妊娠のページでは
今飲んでる薬が危険とは一つも書いていないし、
セカンドオピニオンで他の婦人科の先生も
そんな確率が高いことはないが、
飲まないよりはリスクがあるとの解答。
かなり責任逃れしたいという気持ちと
患者に牙を剥いて理屈で片づけようとした。

 

だいたい妊娠を希望してる患者に
そんな危険な薬を処方する医者がどこにいるだろうか。
びびらされ不安にさせられた。

 

もう少し薬の勉強と接客態度を学んで欲しい。
理屈っぽい。責任逃れのための紹介状が必要なら
最初から予約の時点で言ってくれればいいのに。
信用がまだできてない医者に
そんな酷いこと言われて誰が信用するものか。


東京ハートクリニックの口コミを募集中!
皆さんの貴重なご意見を東京ハートクリニックの口コミまでお願いします。

 

東京ハートクリニック 所在地

東京ハートクリニック(院長:岡 親弘)
東京都港区南青山5−4−19 南青山コート1F
TEL:03−5766−3660

 

東京メトロ銀座線 表参道駅1番出口から徒歩6分


病院では教えてくれない不妊治療のリスク

病院では決して教えてくれませんが、不妊治療にリスクがあることは御存知ですか?

薬の副作用などではなく、不妊治療で産まれてくる新生児は
自然妊娠で産まれてくる新生児より、障害児が産まれるリスクが高いのです。


「不妊治療にリスクがあるなんて・・・」


と、初めて耳にした人も多いと思いますが、
「オーストラリアの研究チーム」と「日本医大らの研究チーム」よって
不妊治療で産まれてきた新生児は
自然妊娠で産まれてきた新生児より
障害児リスクが高いことが、長年の調査によって判明しました。

AFPBBニュースで取り上げられた、「オーストラリアの研究チーム」が発表では
1986年〜2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で
不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が確認されています。
なんと約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきているのです。

さらに、朝日新聞で紹介された、日本医大や東京女子医大らの発表では
日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、約2400人が人工授精、約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ1.2倍〜2.7倍高いと発表されています。

これについて、日本医大教授の中井医師は
「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」
と、話しています。

病院で不妊治療を受ける人は、不妊治療のリスクを考えた上で治療を受ける必要があります。
産まれてきた赤ちゃんのことを考え、いますぐ健康管理を始めてください。

不妊症は現代病と言われており、晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる子宮の老化が原因とされています。

原因不明の不妊症で悩まれている人は子宮を改善することが一番です。

おすすめは、妊娠実績5,000人以上の
マスコミでも紹介されているアキュモード式妊娠術です。

⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら


>>アキュモード式妊娠術 公式サイト<<


妊娠したいなら、はじめに考えるべきことは、不妊治療の病院を選ぶことではありません!
まずは、生活環境を改善し、妊娠しやすい健康な子宮環境を作ることです。

不妊症の一番の原因は食生活だと言われています。
1999年には不妊治療を受けている人は28万4800人でしたが
2002年には46万6900人とわずか3年間で18万2100人も増えました。(厚生労働省発表)
この年以降は厚生労働省から正式な数字は出ていませんが、
年々増加していることは火を見るより明らかです。不妊症は現代病です。
生活習慣の変化によってもたらされた病気なのです。

生活環境を改善し、食生活を正せば、子宮環境が良くなり、
自然妊娠の確率は大幅にアップします。


⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら