ホルモン検査【病院での不妊治療】

ホルモン検査【病院での不妊治療】

ホルモン検査は、生理中、生理直後か黄体期になります。
通所の血液検査と同じように、血液を採取しホルモンの分泌量を調べます。

 

血液中のホルモンを検査することで卵巣の働きを判断し排卵障害の原因を調べます。
女性の体は多くのホルモンが分泌されますがそのホルモンの分泌に異常があると
排卵異常を起こす原因になり不妊に繋がります。

 

ホルモン検査の基準値

ホルモン名卵胞期排卵期黄体期
LH(黄体形成ホルモン) 1.8〜10.2mIU/ml2.2〜88.3 mIU/ml1.1〜14.2 mIU/ml
FSH(卵胞刺激ホルモン) 3.0〜14.7mIU/ml3.2〜16.6 mIU/ml1.5〜8.5 mIU/ml
エストロゲン 19.0〜226.0pg/ml49.0〜487.0pg./ml78.0〜252.0pg/ml
PRL(プロラクチン) 6.1〜30.5ng/ml6.1〜30.5ng/ml6.1〜30.5ng/ml

 

 

女性ホルモンは、@脳の視床下部、A下垂体、B卵巣の順番で分泌されています。
脳の視床下部が指令を出し、下垂体がLH(黄体形成ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)の
2つの性腺刺激ホルモンを分泌します。
さらにこの2つが卵巣にも働くことによって
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されます。

 

下垂体から分泌されるFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体化ホルモン)は非常に重要で
この2つのホルモンを調べることにより、詳しい卵巣の働きを知ることができます。

 

LH(黄体形成ホルモン)FSH(卵胞刺激ホルモン)

ホルモン検査の数値のLHとFSHの値がともに高い場合は
更年期や状態が疑われ、低い場合は月経異常(無月経、無排卵)や不妊症が考えられます。

 

慢性的な無排卵の場合には、
卵胞刺激ホルモン(FSH)が高いと、早発閉経 (POF) という状態が疑われ
LH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン) が低いと、体重減少性無排卵が疑われます。

 

エストロゲン

エストロゲンは、排卵・月経を起こして妊娠機能を維持し女性らしい体を作ります。
エストロゲンは体だけではなく、脳、筋肉、骨、関節、神経、感情の安定までも大きく関わり
ホルモン検査ではエストロゲン主成分でるエストラジオール値を測定するのが一般的になっています。

 

エストロゲン値を測定することによって、卵巣機能の状態や更年期・閉経の可能性などがわかりす。

 

ホルモン検査の結果、エストロゲンの数値が基準値より低い場合は、
老化などによる卵巣機能の低下が予測され
無排卵や無月経、40代後半では更年期障害の可能性が疑われます。
逆に高い数値の場合はエストロゲン産生腫瘍などの可能性があります。

 

PRL(プロラクチン)

PRL(プロラクチン)が高いと排卵障害や黄体不全が生じることがあります。
PRLプロラクチンは乳汁分泌ホルモンと呼ばれ妊娠中の数値は100〜300ng/mlまで上がりますが
妊娠中以外に数値を超えると、排卵が抑制されるので無月経、
月経不順や不妊などの症状があられます。

 

ホルモン検査の費用

ホルモン検査の料金は、病院のよって異なりますが一般的には2000円〜20000円です。
検査するホルモンの数(種類)が多いと高額になりますし、少なければ安価になります。
検査される病院に直接聞いてみることをお勧めします。

 

 ホルモン検査は助成対象になっている自治体がほとんですので
  お住まいの自治体にご確認ください。

 


病院では教えてくれない不妊治療のリスク

病院では決して教えてくれませんが、不妊治療にリスクがあることは御存知ですか?

薬の副作用などではなく、不妊治療で産まれてくる新生児は
自然妊娠で産まれてくる新生児より、障害児が産まれるリスクが高いのです。


「不妊治療にリスクがあるなんて・・・」


と、初めて耳にした人も多いと思いますが、
「オーストラリアの研究チーム」と「日本医大らの研究チーム」よって
不妊治療で産まれてきた新生児は
自然妊娠で産まれてきた新生児より
障害児リスクが高いことが、長年の調査によって判明しました。

AFPBBニュースで取り上げられた、「オーストラリアの研究チーム」が発表では
1986年〜2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で
不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が確認されています。
なんと約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきているのです。

さらに、朝日新聞で紹介された、日本医大や東京女子医大らの発表では
日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、約2400人が人工授精、約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ1.2倍〜2.7倍高いと発表されています。

これについて、日本医大教授の中井医師は
「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」
と、話しています。

病院で不妊治療を受ける人は、不妊治療のリスクを考えた上で治療を受ける必要があります。
産まれてきた赤ちゃんのことを考え、いますぐ健康管理を始めてください。

不妊症は現代病と言われており、晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる子宮の老化が原因とされています。

原因不明の不妊症で悩まれている人は子宮を改善することが一番です。

おすすめは、妊娠実績5,000人以上の
マスコミでも紹介されているアキュモード式妊娠術です。

⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら


>>アキュモード式妊娠術 公式サイト<<


妊娠したいなら、はじめに考えるべきことは、不妊治療の病院を選ぶことではありません!
まずは、生活環境を改善し、妊娠しやすい健康な子宮環境を作ることです。

不妊症の一番の原因は食生活だと言われています。
1999年には不妊治療を受けている人は28万4800人でしたが
2002年には46万6900人とわずか3年間で18万2100人も増えました。(厚生労働省発表)
この年以降は厚生労働省から正式な数字は出ていませんが、
年々増加していることは火を見るより明らかです。不妊症は現代病です。
生活習慣の変化によってもたらされた病気なのです。

生活環境を改善し、食生活を正せば、子宮環境が良くなり、
自然妊娠の確率は大幅にアップします。


⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら