体外受精・IVF【不妊治療】

体外受精・IVF【不妊治療】

体外受精・IVFとは?

体外受精・IVFとは卵巣から卵子を摂取し
精子と体外で受精させて、受精卵を作り培養し
それを子宮のに戻す治療方法のことを言います。

 

体外受精・IVFはイギリスのエドワーズ博士が1978年に人類で初めてを成功し
日本では1983年に初めて体外受精・AIFで出産に成功しました。

 

体外受精・IVFは妊娠の確率を上げるために、排卵誘発剤などを
積極的にしようするので、体への負担が人工授精・AIHよりも高くなります。

 

体外受精・IVFは心身への負担に加え、経済的な負担も大きいので

治療を受ける前に夫婦でよく話し合うことが必要です。

 

体外受精・IVFを受けるケース

卵管性不妊のケース

卵管に原因があり不妊になっている場合は、卵管を手術して自然妊娠を目指すか
体外受精・IVFで妊娠を目指すことになります。
卵管自体の機能低下の場合は術後に自然妊娠の確率は低いので
医師からは体外受精・IVFを推められる場合がほとんどです。

 

子宮外妊娠などで卵管を摘出していたとしても

体外受精・IVFや生活環境の改善で妊娠することは可能です。

 

精子の状態が極端に悪い

精子の数が少ない「欠精子症」や精子の運動率の悪い「精子無力症」の時には
人工授精・AIHから治療を始めますが、極端に数値が悪い時などには
最初から体外受精・IVFを推められる場合もあります

 

抗精子抗体の場合

女性の体には、精子を異物とみなし、動かなくしてしまう抗体がある場合があります。
精子が卵管までたどり着くことができないので、体外受精・IVFを推められることが多くあります。

 

機能不全

夫婦ともに不妊の原因がわからない場合に機能不全とされ
まずは人工授精・AIHで妊娠を目指しますが、それでも妊娠に至らない場合は
次のステップとして体外受精・IVFへと進んでいきます。

 

体外受精・IVFを受けて初めて「受精障害」などの不
妊の原因がわかる場合もあります。

 

不妊の原因がわからず治療を続けると精神的なストレスは増える一方です。

医師から体外受精・IVFを推められた時は、原因を判明させ、精神的に安心させる意味でも
経済的な負担を考慮した上で、一度受けてみるのもいいと思います。

 

ストレスは妊娠の最大の敵です。
不妊治療でストレスを感じているのなら、一旦、治療を中止し
別の方法で妊娠を目指して見ることをお勧めします。

 

 

体外受精・IVFの流れ

  1. 排卵誘発
  2. 月経の周期では排卵される卵子は1個しかありませんので
    妊娠率を上げるために排卵誘発剤を使って複数の卵子を成熟させます。

     

    スプレキュアで自然排卵をコントロールし、hMGを注射します。
    さらに、排卵の36時間前にhCGを注射し成熟した排卵を作り出します。

     

  3. 採卵&採精
  4. 経膣超音波のプローブを使い、卵胞液とともに卵子を吸引し採卵します。
    ほとんどの病院で麻酔をするので痛みを感じることはありません。
    1時間程度安静後、帰宅することができます。

     

    精子は排卵日に通院して採精するか、事前に特殊なケースに精子を保存しておきます。

     

  5. 卵子・精子の培養〜受精
  6. 卵子は培養液に入れ約5時間、成熟を促すため培養します。
    精子は洗浄・濃縮などを行い運動性の高い精子を見分けます。

     

    この2つの卵子と精子を培養液に入れ、受精させます。

     

  7. 胚移植
  8. 受精卵の様子を見ながら、胚移植を行います。
    通常では妊娠確率を上げるため、1個の胚ではなく複数個の胚を戻すことになります。
    日本では最大3個までの胚を戻すことが法律で許されています。

     

    複数の胚を戻すということは、多胎妊娠の恐れがあるので
    いくつの胚を戻すかは夫婦の判断になります。

     

    胚移植は子宮内に特殊なチューブを挿入して戻します。
    移植は痛みもなく10分弱で終わりますが、移植後は1時間程度の安静が必要です。

 

受精卵の凍結保存

良好な受精卵がたくさん採れた場合には、移植せずに冷凍保存しておくこともできます。

 

一度に複数の胚移植をすれば、身体的な負担が増えます。
また、採卵した周期の子宮の状態が悪ければ、受精卵を冷凍保存し
子宮の状態の良い周期に肺移植することも可能です。

 

体外受精・IVFの費用

体外受精・IVFにかかる費用ですが30万円〜70万円です。
大学病院は平均的に安価で、実績の多い病院になると高額になります。

 

不妊治療で有名な「加藤レディスクリニック(KLC)」のように
成功報酬制度を適用している病院もあります。
「加藤レディスクリニック(KLC)」では一定の条件をクリアしていれば適用されます。
一定条件とは医師の判断になります。

 

体外受精・IVFは保険適用外となり、経済的負担がかなり大きくなります。
さらに、体外受精・IVFで妊娠しなければ精神的にも辛くなるので
治療を受ける前に、ご夫婦でのよく話し合った方がいいでしょう

 


病院では教えてくれない不妊治療のリスク

病院では決して教えてくれませんが、不妊治療にリスクがあることは御存知ですか?

薬の副作用などではなく、不妊治療で産まれてくる新生児は
自然妊娠で産まれてくる新生児より、障害児が産まれるリスクが高いのです。


「不妊治療にリスクがあるなんて・・・」


と、初めて耳にした人も多いと思いますが、
「オーストラリアの研究チーム」と「日本医大らの研究チーム」よって
不妊治療で産まれてきた新生児は
自然妊娠で産まれてきた新生児より
障害児リスクが高いことが、長年の調査によって判明しました。

AFPBBニュースで取り上げられた、「オーストラリアの研究チーム」が発表では
1986年〜2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で
不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が確認されています。
なんと約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきているのです。

さらに、朝日新聞で紹介された、日本医大や東京女子医大らの発表では
日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、約2400人が人工授精、約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ1.2倍〜2.7倍高いと発表されています。

これについて、日本医大教授の中井医師は
「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」
と、話しています。

病院で不妊治療を受ける人は、不妊治療のリスクを考えた上で治療を受ける必要があります。
産まれてきた赤ちゃんのことを考え、いますぐ健康管理を始めてください。

不妊症は現代病と言われており、晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる子宮の老化が原因とされています。

原因不明の不妊症で悩まれている人は子宮を改善することが一番です。

おすすめは、妊娠実績5,000人以上の
マスコミでも紹介されているアキュモード式妊娠術です。

⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら


>>アキュモード式妊娠術 公式サイト<<


妊娠したいなら、はじめに考えるべきことは、不妊治療の病院を選ぶことではありません!
まずは、生活環境を改善し、妊娠しやすい健康な子宮環境を作ることです。

不妊症の一番の原因は食生活だと言われています。
1999年には不妊治療を受けている人は28万4800人でしたが
2002年には46万6900人とわずか3年間で18万2100人も増えました。(厚生労働省発表)
この年以降は厚生労働省から正式な数字は出ていませんが、
年々増加していることは火を見るより明らかです。不妊症は現代病です。
生活習慣の変化によってもたらされた病気なのです。

生活環境を改善し、食生活を正せば、子宮環境が良くなり、
自然妊娠の確率は大幅にアップします。


⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら