人工授精・AIH【不妊治療】

人工授精・AIH【不妊治療】


人工授精・AIHとは?

人工授精・AIHとは排卵日に精子を摂取し、
特殊のチューブなような物で子宮内に直接注入する方法のことを言います。

 

不妊の原因が見つからず、タイミング療法を続けても受精しないときに
ステップアップとして人工授精・AHIへと進みます。

 

また、男性側の要因や機能性性不妊の場合にも
人工授精・AHIを受けることになります。

 

人工授精・AIHを受けるケース

精子の状態が悪い

精液検査によって、精子の濃度や運動量が基本となる基準を下回り
通常の性行為では妊娠するのが難しいと判断された場合は
人工授精・AHIを推められることになります。

 

性交障害や射精障害

男性のインポテンツ(ED)や女性の膣狭さくなどの性交障害や
女性の膣内で射精できない射精障害のときも人工授精・AHIが推められます。

 

インポテンツ(ED)はカウンセリングで治療する場合や
バイアグラの服用で改善することもあります。

 

精子と頚管粘液

精子と卵子が受精するには、子宮奥の卵管内へ入って行く必要がありますが
その入口の頚管粘液の状態や、粘液と精子の相性によっては
精子が子宮頚管を通過できない場合があります。

 

この相性を調べる検査がフーナテストになります。
検査の結果、運動性のある精子が見つからない場合に
人工授精・AIHへとステップアップしていきます。

 

機能不全

夫婦ともに不妊の原因がわからない場合に機能不全とされ
人工授精・AIHへとステップアップします。

 

人工授精・AIHは自然の性行為より、妊娠の可能性を高めることができます。

このため、高齢出産になる人で、早期の妊娠を希望している人なかには
人工授精・AIHから不妊治療を始める人もいます。

 

人工授精・AIHの流れ

  1. 排卵日を予測
  2. タイミング療法と同じように、排卵日を予測します。
    超音波検査などで出来るだけ確実な排卵日を予測し人工授精・AIHを行う日を決めます

     

  3. 精液の摂取・調整
  4. 精液の摂取は、病院内で精液を摂取する方が妊娠率が高まります。
    どうしても都合がつかず通院できなときには、自宅で精液を摂取し持ち込む必要があります。

     

    摂取した精液を濃縮させ、濃縮した精液から
    細菌などの不純物を取り除くため洗浄します。
    精液の小不正によって運動率の良い精子だけを抽出し人工授精・AIHに使用します。

     

  5. 精子の注入【人工授精・AIH】
  6. 内診台に上がり、特殊なチューブを使い精子を子宮へと注入します。
    注入時間は数分で終わりほとんど痛みは感じません。
    ただ、子宮の形状によってはチューブが入りにくく、痛みを感じる場合もあります。

 

人工授精・AIHで妊娠するできる確率は15%程度です。
確率から考えても、人工授精・AIHを受ける回数は5・6回が妥当でしょう。
6回以上受けても妊娠できないなら、他に原因がある可能性が高いので
他の治療方法を考えることが必要になります。

 

不妊治療は個人の状態によって進め方が違うので、担当医師とよく相談してから決めてください。

 

人工授精・AIHの費用

人工授精・AIHにかかる費用ですが10,000〜30,000円ぐらいです。

 

最初に何回受けるかを決めていれば、次へとステップアップする判断基準になるので
人工授精・AIHを受ける前に受ける回数を決めておくと良いでしょう。

 

人工授精・AIHで妊娠できなければ、次のステップアップ治療として

体外受精か顕微授精で妊娠を目指すことになります。

 

この不妊治療は、保険適用外となり経済的負担がかなり大きくなるので
治療を受ける前に、ご夫婦でのよく話し合った方がいいでしょう

 


病院では教えてくれない不妊治療のリスク

病院では決して教えてくれませんが、不妊治療にリスクがあることは御存知ですか?

薬の副作用などではなく、不妊治療で産まれてくる新生児は
自然妊娠で産まれてくる新生児より、障害児が産まれるリスクが高いのです。


「不妊治療にリスクがあるなんて・・・」


と、初めて耳にした人も多いと思いますが、
「オーストラリアの研究チーム」と「日本医大らの研究チーム」よって
不妊治療で産まれてきた新生児は
自然妊娠で産まれてきた新生児より
障害児リスクが高いことが、長年の調査によって判明しました。

AFPBBニュースで取り上げられた、「オーストラリアの研究チーム」が発表では
1986年〜2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で
不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害が確認されています。
なんと約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきているのです。

さらに、朝日新聞で紹介された、日本医大や東京女子医大らの発表では
日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、約2400人が人工授精、約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ1.2倍〜2.7倍高いと発表されています。

これについて、日本医大教授の中井医師は
「生活習慣の改善、健康管理、栄養バランスのとれた食事を心がけて欲しい」
と、話しています。

病院で不妊治療を受ける人は、不妊治療のリスクを考えた上で治療を受ける必要があります。
産まれてきた赤ちゃんのことを考え、いますぐ健康管理を始めてください。

不妊症は現代病と言われており、晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる子宮の老化が原因とされています。

原因不明の不妊症で悩まれている人は子宮を改善することが一番です。

おすすめは、妊娠実績5,000人以上の
マスコミでも紹介されているアキュモード式妊娠術です。

⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら


>>アキュモード式妊娠術 公式サイト<<


妊娠したいなら、はじめに考えるべきことは、不妊治療の病院を選ぶことではありません!
まずは、生活環境を改善し、妊娠しやすい健康な子宮環境を作ることです。

不妊症の一番の原因は食生活だと言われています。
1999年には不妊治療を受けている人は28万4800人でしたが
2002年には46万6900人とわずか3年間で18万2100人も増えました。(厚生労働省発表)
この年以降は厚生労働省から正式な数字は出ていませんが、
年々増加していることは火を見るより明らかです。不妊症は現代病です。
生活習慣の変化によってもたらされた病気なのです。

生活環境を改善し、食生活を正せば、子宮環境が良くなり、
自然妊娠の確率は大幅にアップします。


⇒アキュモード式妊娠術の詳しい内容はこちら

⇒アキュモード式妊娠術 体験者インタビューはこちら



不妊治療 病院での治療の実態をメルマガにて配信中!


ホームページでは書けない
病院の不妊治療最新情報
をメルマガで配信中!

お気軽に登録してください!